『時間商人』は2作目もなかなか。

 さすがに1作目を読んだ時ほどの驚きはなかったけれど、楽しく読めました。




 1作目と比べるとボリューム(ページ数)の割には満足感がやや弱いけれど、微妙に1作目のネタも織り交ぜつつ前作とはまた違う切り口(テーマ)で綺麗にまとまってて、それが分かったときには「なるほど!」と思えたという意味ではなかなか良かったんじゃないでしょうか。1作目があまりに綺麗にまとまってて、正直言って「どうやって続編にするのよ?」と思ってましたから。
 こういうシリーズ作品になるのなら続編も楽しく読めそうで、期待しています。

 それはそれとして。
 こういうお話を作るときは時系列(フラグ)の管理が大変になって――いいアイデアが思いついても既刊で書いてしまっているために、そのネタを出すと矛盾するために没にしなくちゃいけない、とか――巻数を重ねる毎に大変になりそうなので、そういう意味でもいつまで続くのかがちょっと楽しみです(笑)。

"『時間商人』は2作目もなかなか。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント