「○○したいんですけど……」と聞かれる時は、だいたい○○はしなくていい

 この手の質問されるときは、たいてい本当にやりたいことが別にあって、その人なりの方法でやろうとして行き詰まって「○○したいんですけど……」という質問になるケースが多い。
 したがってこういう質問をされたときは「何がしたいの?」と確認しよう。
 だいたいは別の方法でやったほうがうまくいく。

 だから質問する立場の時はちゃんと「本当にやりたいこと」を書くべきだと思ってるんだけど、だいたい書き忘れるんだよねえ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック