「菊と刀」を読んだあとの、合衆国を観察した感想を聞きたいなぁ

 合衆国で「耳と声をよく使う」のが特別なのではなく、日本が「目と文字を使う」のがやや特異なのではないかと思う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 他にも合衆国文化について江島さんがいろいろ書いてて「なんでじゃろ?」とか思ったのですが、こういう絡みだったのですねぇ。なるほど、細かい差異に気を配ってるのもうなずけます。
 文化の違いを知ることは大事なことですしね。
 僕は合衆国には行きたくないし合衆国に積極的な興味はないけれど、合衆国文化を心に留めておくのは必要だと感じてますから、こうして江島さんがレポートしてくださるのは大変ありがたい。
梅田さんの考え方にはあまり賛同しなくても記事を読むのは「合衆国文化を知る」という側面が強いですし)


 さて、合衆国と日本の差分と言えば「菊と刀」。
 この本は「日本文化論」として書かれているし、確かに日本文化について改めて知ることが出来るいい本だと思います。が、それだけでなく、差分の反対側の合衆国文化についても知る手がかりとなったのは良かったです。

 印象的だった点の一つに「日本では子供が自由で大人が不自由」、「合衆国では子供が不自由で大人が自由」という部分があります。
 このあたりについて、実際にどうなのかも聞いてみたいなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック