プログラム言語の読み取り能力

 プログラム言語は自然言語と違い、「読めないけど書ける」のが標準のようだ。自然言語で「読めないけど書ける」人はあまりないんじゃないかと思うし。

 読めない人は当然他人のコードは読まないし、他人(未来の自分も含む)に読まれることを意識してコードを書かない。
 そんなコードをデバッグや機能拡張のために読もうとすると、何をやろうとしているのかさっぱり理解できなかったりする。仕方がないので挙動を確認しつつ、場合によってはリライトしながらデバッグ/機能拡張をして返すんだけど、リライトしちゃうともう元のコードを書いた人はそのコードを放棄しちゃうらしい。リライトした部分を読めないから。

 当然デバッグのお手伝いもしてもらえない。読めないから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック