テーマ:想い出

クリスマスケーキといえば、

――実家ではショコラケーキでした。そういえば。  当時は(今も?)クリスマスケーキと言えば「白いケーキ(ショートケーキ?)の上にサンタや家のデコレーション」がほとんどだったような気がするのですが(近所のケーキ屋さんはそうだった)、うちの兄弟はショートケーキが好きでなく、ショコラが好きだったため、「ショコラでクリスマスケーキを!」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェンディーズと私。

 ――とか書こうと思ったんだけど、なんで頻繁に行くようになったのか全然憶えてない(苦笑)。  とりあえず憶えている範囲では、 ・池袋に行く時はよくウェンディーズで待ち合わせしてた。 ・初詣の帰りに新宿に寄ってた時は、よくウェンディーズに寄ってた。 ・銀座のウェンディーズにも結構行ってた気がする。 ・代々木でバイトしてた時は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『絶対女王にゃー様』はいいね。こういう作品増えないかな?

 ガガガ文庫の中では『AURA~魔竜院光牙最後の闘い』と同じくらいに好きかもしんない。自分の中のダメ人間な部分を刺激されるあたりが、特にいい。  なので『AURA』が好きな人は『にゃー様』も気に入る可能性は高いんじゃないかな? お薦めです。 絶対女王にゃー様 (ガガガ文庫 し 1-4)小学館 J・さいろー ユーザレビュー:悶々…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『もやしもん』とビールの思い出

 『もやしもん』の新刊を読んでて、そういや僕もムトー以上にビールに偏見もってたなあ、とか思い出しましたよ。 もやしもん 8―TALES OF AGRICULTURE (イブニングKC)講談社 2009-07-23 石川 雅之 ユーザレビュー:ビールを飲むとうんち ...ビールが好きな人も  ...今回のテーマはビール ...A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『こどものじかん』と小学校の担任

 『こどものじかん』を読んでいると小学校4年~6年の担任だった高橋マコト先生を思い出します。  どことなく青木先生っぽい感じだったんですよね。 こどものじかん 7 (アクションコミックス)双葉社 私屋 カヲル ユーザレビュー:こじか7巻 待ちに待 ...みんな成長しましたね ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

設定の強度は割と気にしていたかなあ。

 10年ほど前の企画で基本部分を「現代」「東京」「退魔もの」にしたのは、まさに設定の強度を上げるためでしたね。  そもそも設定を説明するスペースがまるでなかったので、誰が聞いても間違いなく想像できて、しかもあまりブレないものとしてはこれが最適だったと今でも思っています。  ただ、「現代」「東京」「退魔もの」だけではちょっと枠が大きす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔は前振りばかり気にしてたなぁ。

 自分の過去を振り返ると、他人のプロットやシナリオは前振り(引き)の良し悪しばかり気にしてた気がするので、オチやその出し方についてもうちょっと気にしたほうがよかったかも、とか思ったり。  自分が書く時はオチを気にしてたんで他の人もそうだと思ってたとか、オチがその人の書きたいモノだろうと思ってたんでそこにあまりいろいろ言うのはよくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『とらドラ!スピンオフ』の「先生のお気に入り」を読んで人生を絶望した頃のことを思い出す、

――はずだったのですが、全く思い出せず。ちょっとやさぐれてた思い出が(いちおう)2件ほど。  おきらくごくらくが信条とはいえ、全然記憶にないのはいかがなものか。  ……確か一度くらいは人生が嫌になったことがあると思ったんだけどなぁ。なかったかなぁ。  昔のことは綺麗さっぱり忘れてしまうのは間違いないけどさ。 とら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビレッジセンターと私

 なんか、ビレッジセンターが解散するそうで。  既にエーアイ出版はなくなっているので、これで長期アルバイトをしたところで残っているのは工学社だけになってしまった。あそこも社長さんの引退で店じまいしそうですけど。  ビレッジセンターではVzの発送とかサポートとかをやってたんだっけな。  ……ああ、通販もやってたからその処理もか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同人誌バカ一代

同人誌バカ一代―イワえもんが残したもの  買った記念。  あー、サムネイルはないのか。残念。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片付けても片付けてもまだまだモノが積まれています

 しかも購入して増えるモノもあるし。  いちおう廃棄しているモノのほうが多いけれど。  それはそれとして。  どうせ読み返したりしないはずの本などを捨てられないのは、捨てると自分の過去を否定することになるからでしょうかね。過去なんかどーでもいいとか思っていたのだけれど。  ――なんて考えたけれど、本当に捨てられない本は読み返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔買った同人誌の山を片付けていると

――なにか人生の棚卸しをしているような気分がします。  でも捨てられないし、売ったりも出来ないのが困りモノ。「A-ZONE」とか「UROBOROS」とかいい値段がつくんだろうなー、とか思いつつ。  中身を確認すれば一部は捨てたり売ったりできると思うのだけれど、そんなのを確認するくらいなら、全部残すか全部売るかどっちかだと思うしね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前回の引っ越し時の荷物が

――全くの手つかずで出てきました。なんつーか、酷いにもほどがあります。  そういえばここに引っ越してきた直後は忙しくて、荷物を整理できなかった記憶があります。  当時は捨てることが出来なかったものも、今になってようやく廃棄する決心がつきました。……一部を除いて。  ずっと存在を忘れていたモノを捨てられないのはどうかと思いますが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more