テーマ:オタク

どこで読んだのか忘れたけど、

 似たような意見をどこかで読んだ気がするんだけれど、どこだっけ……。 「古典的個性派」は、それ故困惑する。「こいつらの根拠もない自信の裏には何があるのだ」、と。しかし、「新自然派」から見れば、そもそも「自分らしい」ことに「根拠」が必要な根拠がないのだ。 と、考えるとつじつまが合う。もしかして、これ大発見かも。 自分らし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

そういや「俺が脚本書いたほうがマシじゃないか?」とか思ってたなぁ

 「星界の紋章」のアニメを見た時特に不満もなかったけど、改めて原作を読んだらカットされてる台詞の多いこと多いこと。  追加されたシーンはあまりにも原作とかけ離れていたのですぐに気付いたけど、カットされたシーンがこんなに多いとは思わなかった。当時はあんなに読み込んでいたのに、すっかり忘れていますな。  そうそう、「星界の映像化とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ものすごく売れなかったらしい

 うわ、今僕のBOXなんて出るのか。  あれは当時大変売れなかったらしく。  それはもう想像を絶するくらい。  伝説になるくらい。  売れなかったらしいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モヒカン語録を読んでいると心が和む

 モヒカン語録を読んでいたら心が和んだ。そういや昔のネットはこんな感じだったよね~、みたいな。Wordは嫌いでTeX最高とか、機種依存文字は使っちゃいけませんとか(今なら「機種依存文字」にもツッコミが入るよね。「文字セット依存だ」とかなんとか)、昔は沢山みかけたのに、そういえば最近あんまり見かけなくなった気がする。絶滅危惧種――というよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「社会における職業選択と自己アイデンティティの確立の問題」について

「社会における職業選択と自己アイデンティティの確立の問題」について 広義の勉強能力は、『“正しい知識”として提示される“記述されたテキスト”を理解・記憶し、再生・応用する能力』であるが とあるけど、それはいくら何でも違うと思う。それは「試験」対策なのであって、「勉強」ではないんじゃないかな。  言葉の意味が変わったのかと思って…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

愚にも付かないことをあーだこーだと考えて、

機会があればそれを伝えようとするのが「オタク」なんじゃないかと、今更ながら思ったり。  だからやってることは一緒でも、(世間的に)役に立つ(と思われる)ことをあーだこーだ考えて伝える人は「オタク」だとは見なされないし、オタクの考えてることが「役に立つ」と(世間に)見なされればオタクとは思われなくなる(かもしれない)。  ――とい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

予定表

タナトスの子供たち―過剰適応の生態学 ――中島梓は最近何やってるんでしょうね。オタク系の評論を読みたいのだけれど。 そのうち書く: ・SNSという名のディスコミュニケーション ・「マリア様がみてる」はやおいか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more