(メモ)電子ブックってどの程度将来性があるのかねぇ。

 あとでちゃんと書ければいいな。 ○電子ブックの値段 ・電子ブックは安価にならない(前に書いた)。  ・紙代(在庫コスト)はなくなるけど、流通は配信のほうが高いから。ネットの配信のほうが高い理由は誰も語ってくれないけど(また、それを「中間搾取だ」と騒ぐ人がいない不思議)。 ・Amazonの契約に「他店と同じかそれより安くしろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『人類は衰退しました』5巻の後半がひどい(笑)

 いやもうなんというか……30代後半~40代前半を狙い打ち? みたいな。  なるほど『邪神大沼』をプッシュしてた理由が分かった気がする――というべきか。 人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫 た 1-6)小学館 田中 ロミオ ユーザレビュー:過去と懐古 5巻にお ...Amazonアソシエイト by  ……まだ読み終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『人類は衰退しました』の5巻を読み始めた。

 なんというか、『AURA』を思い出した(笑)。  また学園もの書かないかなぁ……。 人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫 た 1-6)小学館 田中 ロミオ ユーザレビュー:過去と懐古 5巻にお ...Amazonアソシエイト by  まだ全部読んでないので、このあとどうなるか楽しみです。  『絶対女王にゃー様』と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『酒は辛口 肴は下ネタ』(みさき速/ヤングチャンピオン)は読んでるとお酒が呑みたくなるいい作品です。

 ちょっと前にみさき速の新作を見かけて購入し、気づいたらもう2巻が出てましたので、簡単に感想を。  過去作品よりコメディ色が強いというか全編コメディなのですが、『特攻天女』もコメディ部分が好きだったし『殺戮姫』はそんなに好きじゃなかったので、僕はみさき速のコメディが好きだったんだなぁ――とか今更のように思いました。 酒は辛口肴は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスケーキといえば、

――実家ではショコラケーキでした。そういえば。  当時は(今も?)クリスマスケーキと言えば「白いケーキ(ショートケーキ?)の上にサンタや家のデコレーション」がほとんどだったような気がするのですが(近所のケーキ屋さんはそうだった)、うちの兄弟はショートケーキが好きでなく、ショコラが好きだったため、「ショコラでクリスマスケーキを!」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ワルタハンガ~夜刀神島蛇神伝~』(藤澤勇希/秋田書店)を読んだ。

 藤澤勇希作品らしいパニックものですけれど、展開やキャラクター配置はいつもとひと味違っている印象がありました。  何がいつもと違うのかちょっと考えてみたところ、キャラクター達が「積極的に参加している」のが大きいのかなもしれません。 ワルタハンガ 夜刀神島蛇神伝 1 (プレイコミックシリーズ)秋田書店 藤澤 勇希 Amazonアソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェンディーズと私。

 ――とか書こうと思ったんだけど、なんで頻繁に行くようになったのか全然憶えてない(苦笑)。  とりあえず憶えている範囲では、 ・池袋に行く時はよくウェンディーズで待ち合わせしてた。 ・初詣の帰りに新宿に寄ってた時は、よくウェンディーズに寄ってた。 ・銀座のウェンディーズにも結構行ってた気がする。 ・代々木でバイトしてた時は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の劇場版ワンピースはもの凄く売れてるなぁ。

 そろそろ『東のエデン 劇場版』でも観に行こうかなと思ってスケジュールを見にいったら、『ONE PIECE』の初日分に完売が多くてちょっとびっくり。  今回は原作者の描き下ろしだったり、あるいは第0巻の配布があるからとはいえ、いままでの劇場版『ONE PIECE』ってあんまり興行成績よくなかったから、まさか事前にこんなに予約が埋まって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅構内のコンビニ/キヨスクが7-11になってた。

 スペースの使い方がガラッと変わっていて、かなり効率がよくなっていたような印象でした。このあたりは流石と言うべきか。特にキヨスク(といっても普通のキヨスクよりは広くて、コンビニよりは狭いスペース)だった部分は中央にレジ3つ配置(つまり、最大3人が超狭いスペースに立つ)になってたりして「凄い」とか思った。  個人的にはPASMO/Sui…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google日本語入力を使ってみた簡素な感想

 呼ばれた気がしたので今日1日使ってみた感想を箇条書きで簡単に。 ・メモリ使用量は多め ・たまに固まる ・変換精度は特によい感じではない ・辞書は多そう(ファイルは辞書ファイルに分かれてないけど、たぶんほとんど辞書でしょ) ・学習が弱い ・確定再変換(Ctrl+BS)ができなくて困る ・キーカスタマイズは面倒くさそう(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2011年(コミックマーケット81)に『ミニスカ宇宙海賊』の同人誌を出そう、

――とは思っているんだけど、笹本祐一作品は書きにくいのだよね。どうしたものか。  僕はいちおう「自分が好きな作品の好きな部分を活かして書きたい」と思っていて過去の同人誌もそう作っている(つもりな)のだけれど、笹本作品の好きな部分(の1つ)は「細かい段取りを丁寧に書いている」とこなんですよ。  これは読む分にはいいのだけれど、書く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出版絡みのことは他人事なのでみんな勝手なことを言うけれど、

 著者が書いたTeXは出版物の制作現場で有効に使えますで書かれてることが間違ってるとは思わないけれど、ただまあ実際には編集者がデザインをしてるような規模の会社でない限りは外注(か社内の別の部署)にDTPに関して投げてるだろうし、滅多に存在しないTeXのデータに対応するために新たなDTP担当を探すほどのコストはかけないだろjk、とは思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『SWEET SWEET SISTER』をようやく読み終えた。

 発売直後に買って長らく積ん読になってたのですが、『絶対女王にゃー様』が面白かったのでこちらも消化することにしたわけですよ。  ……これがまあ、読んでも読んでも終わらない。新書判で400ページ超で字組も2段でみっちりでとにかくボリュームがありすぎるのはともかく(「エロ小説なのにこんなに分量があるのはいろいろ間違ってるだろ?」とは思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『狼と香辛料』を舞台設定にして『混沌の渦』をプレイすれば面白そうだなぁ。

 いや、逆か。  『混沌の渦』をプレイする時は『狼と香辛料』を参考にするといいよ!  ちなみに『混沌の渦』というのは中世ヨーロッパを割と真面目に取り扱ったテーブルトークRPGで(詳しくはWikipedeaの該当記事でも)、『狼と香辛料』の世界ををテーブルトークRPGで遊ぶならかなりハマると思います。  20年前に『狼と香辛料』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『末代まで!』を読んでいる途中なのですが、

 まだ最初のほうしか読んでいないのですが、あたかも一般的な日本語のように 「(略)数学とラムダ式計算法を使う結界術師なんですよ」 ――とか書かれていて、「ラムダ式? ベルカ式の親戚か何か?」とか思う人がいるんじゃないかと大変気になりました(笑)。 (ひょっとしたら最近は高校生でも習うのかもしれんけどさ>ラムダ式)  それはそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『這いよれ!ニャル子さん』を読んだけど、

 知り合いが買ったというので貸してもらって『這いよれ!ニャル子さん』を読んだのですが、なんというか「クトゥルフ神話」ネタというよりはTRPGである「クトゥルフの呼び声」ネタと言ったほうが正しいよーな気がしますね。  本編の感想としては……「高校の頃にこういうヨタ話をしてたっけなあ?」みたいな。ネタが正しく伝わるのは30代後半~40代前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『絶対女王にゃー様』はいいね。こういう作品増えないかな?

 ガガガ文庫の中では『AURA~魔竜院光牙最後の闘い』と同じくらいに好きかもしんない。自分の中のダメ人間な部分を刺激されるあたりが、特にいい。  なので『AURA』が好きな人は『にゃー様』も気に入る可能性は高いんじゃないかな? お薦めです。 絶対女王にゃー様 (ガガガ文庫 し 1-4)小学館 J・さいろー ユーザレビュー:悶々…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

神谷明さんが「名探偵コナン」を降板する理由が気になるのは、

 どこかの記事に「26日放映分まで」みたいに書かれてましたけれど、だとすると続き物の途中で降板する形になると思うんですよね。。。  サブタイトルが「1日目」「2日目」という表記だから、「3日目」もおそらくある気がするんですよ。もしそうだとすると、なんでそんなところで降板することになったのかが気になるところです。 (契約を切るにしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more