『彼女は戦争妖精』が終わったよ。

 『彼女は戦争妖精』の最終巻を読んだわけですが。

彼女は戦争妖精 9 (ファミ通文庫)
エンターブレイン
嬉野 秋彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彼女は戦争妖精 9 (ファミ通文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 綺麗にまとまってたと思うし、落とし所はあそこしかないだろうなぁとは思うのですが、正直言って消化不良なでした。
 あのオチなら「最後に相打ちになってクリスが消えちゃう」でもよかったくらい。
 あるいは、常葉とヤったように最後の戦いに行く前にクリスとヤっちゃうとか、常葉とクリスが明確に(正面切って)恋敵になる展開だったら満足したかもしれません。
(二次創作で書いてもいいけど。残念ながら需要がなさそうだからなぁ)

 あとがきが微妙に言い訳がましいなぁとか、イラストレイターさん的にも微妙に不満があったのかなぁ、などと思ったトコも読後がイマイチに感じた点かもしれませんけれど。

 まあ、色々と惜しい作品でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック