『狼と香辛料』を舞台設定にして『混沌の渦』をプレイすれば面白そうだなぁ。

 いや、逆か。
 『混沌の渦』をプレイする時は『狼と香辛料』を参考にするといいよ!

 ちなみに『混沌の渦』というのは中世ヨーロッパを割と真面目に取り扱ったテーブルトークRPGで(詳しくはWikipedeaの該当記事でも)、『狼と香辛料』の世界ををテーブルトークRPGで遊ぶならかなりハマると思います。
 20年前に『狼と香辛料』があれば間違いなく参考にしてシナリオ作ってたなぁ、みたいな。
 『狼と香辛料』自体はゲームにしにくいのですけどね。中世ヨーロッパ的な世界設定の参考にはすごくなりますから。

 それにしても、Amazonのマーケットプレイスの値段は凄い事になってますね。実家にまだ残ってるかな~?




狼と香辛料 海を渡る風(限定版:「ホロのふかふかDSおくるみ」、「オリジナルアルバムCD」、「文倉十氏描き下ろし 等身大両面ポスター」同梱)
アスキー・メディアワークス

ユーザレビュー:
う〜〜〜ん…同梱版の ...
やったら わかります ...
前作よりキャラゲーム ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック