設定の強度は割と気にしていたかなあ。

 10年ほど前の企画で基本部分を「現代」「東京」「退魔もの」にしたのは、まさに設定の強度を上げるためでしたね。
 そもそも設定を説明するスペースがまるでなかったので、誰が聞いても間違いなく想像できて、しかもあまりブレないものとしてはこれが最適だったと今でも思っています。
 ただ、「現代」「東京」「退魔もの」だけではちょっと枠が大きすぎた気もするので、もうちょっと絞ってもよかったかもしれません。

 いちおう候補としては他にも「近未来」「学園」「電脳世界」があったように記憶してるのですが、「近未来」にする必然性は特になかったとか、「学園」にすると校則(やその他学内ルールを作る必要がある)とか、「電脳世界」は10年前では理解してもらえそうになかったから選ばなかったんだっけなぁ。
(今やるんなら「電脳世界」でも大丈夫な気はするし、「電脳世界」をやるなら「近未来」にしていた気はするけれど)

 それでもキャラクターの所属する組織とか、敵対する存在でなんかは説明しなくちゃいけなかったんで――敵については徐々に出していけばいいので多少は説明に余裕があった気がするけれど、それでも理解してもらうのは結構大変だったような記憶があります――「最低限の説明でも大変なのに、他の人たちはよく面倒な設定のものをやるなあ」と思っていましたね。


 ――なんてことをこれを書きながら思い出していたり。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック