『時間の歩き方』は榎本ナリコの作品で一番おもしろい、かも。

 榎本ナリコのギャグもシリアスも嫌いではないけれど、こういうSFちっくなフツーのお話がいいなぁ。

 タイムトラベルものとしても設定がなかなか秀逸で主人公のキャラも好き。
 ってか、榎本ナリコの主人公でこんな前向きなのはかなり珍しい気が(笑)。

 先の構成はあまり考えてないみたいなことを書いてましたが、それでもある程度オトシマエは考えて描いてるような気はするので(作風からして)、続刊が楽しみです。


時間の歩き方 I (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
朝日新聞出版
榎本 ナリコ

ユーザレビュー:
SFものです。ドラえ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック