『バニラ』の感想、おかわり。

 簡単に感想を書いたけれど、もうちょっと書き残しておきたい気分だったので。

バニラ―A sweet partner (スーパーダッシュ文庫)
集英社
アサウラ

ユーザレビュー:
惜しい読みやすい文章 ...
確かに荒削り。だけど ...
百合好きならケイとナ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


 『バニラ』は主人公2人――ケイと元川のセカイに対する絶望と、小さいけれど確かな希望を描いた物語である、というのが僕の見方。
 わざわざこんな事を書くのは、Amazonの感想を見るとそういう見方は一般的ではない気がしたので。念のため。

 アサウラさんの作品を読んでいて感じたのは、常に「孤独」とそれに対する「人肌の暖かさ」、「絶望」とそれに対する「ほんの少しの希望」がある、ということ(といってもまだデビュー作を読んでいないという非常に中途半端な状態ですが)。
 『バニラ』はストレートにそういう作品だけれど、『ベン・トー』も(おちゃらけてはいるけど)そういう作品だし。3巻ではそれを前面に出していたけれど、読み返すと1、2巻にもそういう要素を多分に含んでる。

 僕がアサウラさんの作品に惹かれるのはたぶんそこ。そしてそういう作品が好きなんだと、今更ながら改めて思った。
 ここ最近に読んで特に好きだった作品を振り返ると、
・『AURA~魔竜院光牙最後の闘い
・『狼と香辛料
――だったりするのだけれど、これらが好きな理由の1つは間違いなくこれだ。
(同じ理由で『とらドラ!』のドラマ部分は好きなのだけれど、文体がどうしても好きになれず。だからアニメ版はとても好き)
 他にもあるなら教えて欲しいくらいです。

 閑話休題。
 加えて『バニラ』でよかったのは、主人公2人の対比なんだと思う。オトナとコドモの関係をフェアに描く作品は少ない気がしますしね(他にもそういう作品があるなら教えてほしいです)。
 ただ、ライトノベルとしてはオトナに感情移入が必要な点で評価されないのかもなぁ、なんて気もしますけれど。

 気になったのは副題で「A sweet partner」とあった点。
 はっきり言って蛇足にもほどがあるわけですが(読んだ人なら「蛇足」という意見に同意してもらえると思います)、ひょっとしてこれは百合ものである点を強調しようとした担当編集の提案だったのでしょうか。
(アサウラさんが付けたのだとしたら、それはかなり残念です)



 ――とまあこんな感じで。これですっきり眠れる、かな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック