そういや雷句誠先生は日本漫画家協会の存在を知らなかったんだろうか。

 今更の話題ですが。
 少年サンデー編集部と雷句誠先生が揉めた事そのものはよくある話でどうでもいいのですが、それに関して雷句先生が「漫画家のため」と主張してるのがずっと気になってるんですな。
(どんな理由であれ「正義のため」的に語る人を信用してないからですが)
 本当に「漫画家のため」を考えるなら、日本漫画家協会と共闘するなり仲裁に入ってもらうべきだったんじゃないのかな。そのほうがずっと実りのある交渉になっただろうし。
 それをせずに(ブログにあれだけ色々書いてるんだから、日本漫画家協会と話し合いをもったならその旨を書いてるでしょう、たぶん)小学館を訴えたのは、勇み足というか世間知らずというか。そんなんで「他の漫画家のため」なんて主張されても説得力はないよなぁ。


――ってな事を思い出したのでメモしておきます。
 ほんと、存在を知らなかったんでしょうかね?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック