場所と名前(で|が)振る舞いを決める

 先日「複数のサイトに分けてるのは何故ですか?」と聞かれた時に何を尋ねているのかピンとこなくて適当な回答をしてしまったけれど、基本的には「内容によって書く場所を変えたかった」だけです。
 これはサイトにある程度の統一感があったほうがある記事に興味をもった人が他の記事を読んでくれるような気がしたから、あるいは特定のジャンルに興味のある人は関係ないジャンルの記事を読みたくはないと思ったから――というのが優等生的な回答になるけれど。
 実際には「板違い」「スレ違い」なのは落ち着かないというだけです。「ここではだいたいこんな事を書く」と決めておいたほうが書きやすいんですよ。

 そもそも、僕が書いた文章を読んでいる人のほとんどは「僕が書いた」記事が読みたいんじゃなくて、たまたま僕が書いた「Perl(あるいはプログラム)ネタ」や「オタク(あるいはアニメ)ネタ」を読みたいだけでしょうから、そういう人が読みやすい構成にしておこうと。
 そういう「編集(あるいは演出)」をすべきだと思ってるからサイトを分けているわけです。
 複数のサイトを使い分けている人はだいたいそうなんじゃないでしょうかね。
(もっとも、既存のブログのカテゴリ機能があんまり良くないからってのもありますが。PATHでカテゴリの指定をしたいし、カテゴリごとにデザインを変えたいし、サブカテゴリも使いたいし、とかまあいろいろね。それともこれらができるのもあるのかな?)



 若い頃ならおそらく場所によってちゃんと文体も変えていただろうけれど、今はそこまでやらないなぁ――と思ったけど、2ちゃんねるで書くときはそれっぽく書くんだよね。あれは場所が違うのもあるけど、そもそも名前が違うからねぇ。

この記事へのコメント

まかまか
2007年04月20日 13:17
どうも先日はお世話になりました~
理由としては、よくわかりました。
ただ、あの時質問をしたのは、別blogでもカテゴリーがかぶってることがあったような気がしたため、何か基準があるのかなあ、と興味を持ったためです。
2007年04月20日 13:43
 別ブログで似たカテゴリーがあるのは、
・書いた時はそこが適切だと思ったけど、あとで考えが変わった
(昔はそういう時にログの移動をしたけど、最近は面倒なのでやめました)
――というのがあります。
 また機能面で
・トラックバックを打ちたいときは主にwebryblogで書く
(自動トラックバック機能があるから。URLをコピーするのが面倒……)
・はてなでキーワードの言及が気になるときははてなで
(だから趣味ネタははてなダイアリーが多い)
――というのもあります。

 また、ここに限って言えば「ここはジャンク置き場だからなんでもアリ」ってのはあります。
 なので、特定のジャンルについての言及が増えてくればここをそのジャンルに絞るか、そのジャンル向けに別の場所で書くかするようになると思います。

この記事へのトラックバック