それなら自分で出版社を立ち上げればいいじゃない。

 現行の印税が安いと言うのであれば、ご自分で出版社を立ち上げて変えてみてはいかがでしょうか?

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50711355.html
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50713743.html

 出版への参入障壁が高いとすれば取次との関係だと思いますが、まったくどうにもならないわけじゃないでしょうし、直接書店に卸すことも不可能ではありません。
 それに少なくとも今ではISBNさえ取得すればAmazonで販売できるのです。そのISBNの取得も(法人でさえあれば)そんなに難しくはありません。
 実際にそうやっていくつかの本出版した人もいます。
 そういう意味では、出版への参入は過去に比べてはるかに楽になりました。
(参考:取次との契約するとこんな感じとのこと。ちなみに同人誌専門店のほうがAmazonより条件がいいです。)

 ついでに言うと出版業界は――シリコンバレー並じゃないかもしれませんが――分業がはっきりしててフリーランスもそれなりに多いですから、外注もしやすいです。必要な機材だってIT業界とほとんど変わりません。
 印税が20%なら著作者を集められる可能性も高いでしょう。
 参入しない理由は全くないと思いますから、是非とも出版社を立ち上げていただければと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック