日本貿易振興機構(JETRO)の調査は本当にまともなのか?

 「05年 マンガ単行本販売過去最高 雑誌は縮小」という記事を見かけて、それはまあそうなんだろうなと思ったんだけど、読んでいくと
 今回のレポートでは、2005年のマンガ市場の特徴としてメディアミックスの高まりと海外でのコミック出版の増大に言及している。
 メディアミックスの代表的例として、CDや映画が発売された『NANA』やテレビアニメが話題となった『鋼の錬金術師』、『ハチミツとクローバー』、映画化された『のだめカンタビーレ』などが挙げられている。

――とか書かれていてびっくりした。
 確かに『のだめカンタビーレ』の映画化(&ドラマ化@TBS)の話は去年あったらしいけど、けっきょく流れちゃったでしょ。で、(たぶん)紆余曲折があってフジでドラマ化&アニメ化する事になったんでメディアミックスという意味では間違っちゃいないけど、2005年の例として出すのは不適切じゃないでしょうか。

 この程度のこともまともに調査されてない調査報告書はどの程度信用できるんでしょうかね……。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック