動画投稿サイトを成功させる方法

 JASRACと仲良くする。
 以上。


 ……てなことを思ったのは、「ワタシはそういうのより「素人っぽい映像」の方が好きだなぁ。」と描かれていたのを読んだときに、「でも面白い映像はほとんど全部クレームがついちゃうんだよねー」と反射的に思ったから。
 そう、「テレビとかのコピーライトがある映像」じゃなくてもクレームがついちゃうんである。JASRACから。

 全部の映像作品に楽曲が付いてるとは限らないけれど、面白い映像作品にはたいてい楽曲が付いてるんですよ。そして楽曲が使われていれば、それが仮に著作権的に問題のないものであってもJASRACから因縁をつけられる
 だからJASRACにお金を支払わない限り面白い映像作品を集めるのは難しい。

 逆に楽曲に関する権利処理さえクリアできれば、映像作品を集めることはそんなに難しいことじゃない。
 メジャーな例としては、ちょっと前ならのまネコとか、最近ならハレ晴レユカイを使ったネタとかいっぱいあるけれど「著作権的に問題がある」と指摘されるのは主に楽曲であって画像ではないですし。
 あるいはアニメーション研究会連合で毎年2回上映会を開いていて、今までに上映された自主制作アニメ作品は相当数になるけれど、これらがネットで公開できない一番の理由は楽曲ですからね。

 ま、そんなわけでJASRACさえなんとかすれば動画投稿サイトはなんとかなるだろうし、ここをクリアできなければどーにもならんでしょう。
 その意味ではJASRACへの対応が慣れていそうなフジテレビはいいかもしれないけど、慣れていなさそうなAsk.jpは厳しいかもね、というのが個人的な感想。
(とはいえ、フジテレビもJASRACに無茶苦茶な請求をされて諦めちゃうかもしれませんが)




 動画投稿サイトとJASRACを絡めた指摘を見かけないので、ちょっと気になってるのです。音楽配信とJASRACネタはいくらでもあるんだけどね。
 誰か詳しい人が分析していないのかな?


TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」ED主題歌 ハレ晴レユカイ

この記事へのコメント

Matt is coming.
2008年01月19日 22:41
Mattが日本にやってきますよ。詳しくはこちらで御覧ください。

http://pc11.2ch.net /test/read.cgi/strea ming/1200321102/

ブログでも宣伝していただけるとうれしいです。

この記事へのトラックバック