SNSとパソ通の共通性ねぇ

 個人的にはパソ通とSNSはあんまり似てる気がしません。
 どちらかというと2chのほうが似てると思ってます。
(2chの平均年齢が高いのはそれゆえかと)

今のSNSの盛り上がり(というか、既に沈静化しつつあるような気もしないでもないが)って、私はパソコン通信との類似性を感じてるんですが、コアにパソコン通信を使われていた?立場からみて、どんな印象なんでしょうかね?
http://kokogiko.net/m/archives/001586.html

 そもそもパソ通はクローズドじゃなかったし。いや、そういうトコもあったとは思うけど、基本的には「誰でも参加可能」だったと思う。
 規模が小さいために外からは「閉鎖的」に見えたかもしれないけれど、それは望んだものではなかったように記憶しています。

パソコン通信が消える時にだって、パソコン通信の方のよい点---コミュニティの質の高さ、匿名性の低さ、あれやこれや---SNSと似ていますね---を挙げて、消えるはずがないとか、消えそうになっても抵抗する人はいたわけです、でも消えてしまった。

 だってこれらは別に「パソ通の良い点」じゃないもの。
 僕がインターネットに比べてパソ通が圧倒的に良かったと思うのは「リアクションの良さ」や「自動巡回のしやすさ」です。

 mixiが好きな人は恐らく「リアクションが良い」から好きなんであって、実は「匿名じゃないから」っていうのは付加価値としては低いと感じています。
 だから、「認証」を握ってもあんまりおいしくない気がしてます。それよりも、「リアクションが良くて荒らされにくい」サービスでも作ったほうがいいんじゃないかなー。
(それを構築するのに認証が必要だ、というのはあるかもしれませんが)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック