コピペが大好きで困ってしまう

 なんかね、大量のスクリプトが転がっていて、それをメンテナンスするためには全部のスクリプトの該当部分を修正しなくちゃいけないわけですよ。泣きそう。
 どうもこうなったのは、次々にコピペしてスクリプトを増やしていったためらしい。なにしろモジュールっぽいスクリプトもコピペして使ってて、おかげで「libなんとか2.php」「libなんとか3.php」とかごろごろ転がってる。

 仕方がないので全面的にスクリプトを書き直しているわけですが。将来的なことを考えればそのほうが低コストだと思ったから。めんどくさいけど。というか「なんでそんなことしてるの?」って雰囲気だ。「今までこれで充分にやってきたから」などと言われたりもするが、おかげで不必要な残業するハメになってるんじゃないの? とか思わないでもない。

 何度も使うんならライブラリ化すりゃーええじゃんと思うんだけど、どうもそういう発想はないらしい。
 なんでそんな面倒なコトしてるんじゃろ、という疑問に対する答えのひとつはコレなんだろう。

実際、オープンソースの世界では、ハックバリューが上がると完成品ではなくむしろ部品の製造管理の方に回ることが多いようにも思われる。CGIを書きなぐるのとCPANにアップロードするのとどちらがより高度な技能を要するかは言うまでもない。

だから、むしろ「凡人」の人は、「派手」、すなわち目に見える完成品から出して行くことをむしろ進める。その方がわかりやすいしつきあいやすい。「部品」を手がけるのは、名を売って力量を充実させてからの方がむしろいいだろう。
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50112719.html

 確かにその人のプログラムは趣味レベルなので、派手でも楽しくもない「ライブラリの作成/メンテナンス」なんてとても出来ない気がする。
(そもそも「スクリプトを分割する」ということも比較的最近導入されたらしい……)
 あ、だから微妙な見栄えにばかり気を配るのか! 今更ながら納得。

 ビルを建てるにしろプログラムを書くにしろ、「基礎工事」はとても重要だと思うんだけどねぇ。
 確かに裏方を整備してるのは地味だけどさ。一度整備すればあとで楽が出来るのに。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック