片付けても片付けてもまだまだモノが積まれています

 しかも購入して増えるモノもあるし。
 いちおう廃棄しているモノのほうが多いけれど。

 それはそれとして。
 どうせ読み返したりしないはずの本などを捨てられないのは、捨てると自分の過去を否定することになるからでしょうかね。過去なんかどーでもいいとか思っていたのだけれど。
 ――なんて考えたけれど、本当に捨てられない本は読み返したいのだ。いやほんと、時間さえ許せば読み返したい。読み返して「しまった、こんなにつまらなかったのか」と思うことになったとしても。

 とか書いてみたのですが、廃棄待ちのモノの半分位は「いつか使うと思ってとっておいたけれど、結局使わなかったモノ」なんですけどね。単に貧乏性なだけ。
 それでも毎年整理していれば良かったのですが、約7年放置でしたので大変です。奥底に眠っているモノは特にヤバゲ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック